賑やかに農作業

今日はJoi農園に5名が集まりました!
とりあえずハーブ畑を作ろう!とまずは土地を耕す。
そして草に埋もれたミカンの木をまた1本救出。
今日は息子も手伝いに来てくれて、草刈り機を使わせてみた。
まだ体が小さいので苦戦していたようですが、なんとか扱えていたようだ。
今から色んな経験積んで、なんでもできるかっこいい男になれよ〜!と、母は期待してま〜す!

人が多いと作業もはかどる!
農作業って大変だけど、こうして仲間集めてわいわいがやがやしゃべりながらやっていると、なんだか楽しいのですよね〜。
興味のある方はぜひ、一緒に農作業しませんか〜?


さて、わたしはこのJOi秘密基地農地で何をやりたいか、というと
ただ単に野菜育てて収穫して食べて終わり....にしたいわけではないのです。
ここを拠点として、皆が集まれる場所にしたい、というのが一番の希望。

農作業を通して、
例えば育てた野菜を収穫してその場でバーベキューパーティー開いたり
アロマセラピストがメンバーにいるので、みかんの花の蒸留体験、そして化粧水を作ってみる過程をみんなで体験したり、ハーブもいっぱい植えて、蒸留してみたら、いろんな効果の化粧水が作れるそうです。
大豆を育てて、それで味噌や豆腐や、もしかして納豆なんかも、作ってみる事を体験してみたり
多くの人がこんな体験面白そうだな〜って畑に遊びに来てくれて、普通では出来ない事を経験してくれたらいいなあ〜ってそんな事を思っています。

今日メンバーから出た話で
畑の傾斜が丁度心地いいので、子供達集めて、
ただただ坂道をみんなでごろごろ〜ごろごろ〜って転がって遊ぶのもいいよね〜
とか、
ただただ雨のしずくが落ちる音を聞くコンサートなんてのもいいなあ〜。
たとえばね、葉っぱに落ちるしずくの音、空き缶並べてみて、そこに落ちるしずくの音の音色を楽しむとか。

それから、最近、農セラピーなんて言葉も生まれたそうです。
農作業を通して、心の傷みを癒していくという事も、相乗効果としてあるのかもしれません。
とにかく、農作業して、いっぱい汗かくと、体の中の毒素が一気に抜けた様な感じがするんですよ。
そして仲間と1つの目標に向って汗を流す事で不思議と喜びがわいてくるんですよね。

そんなふうに、子供とか、大人とか関係なく、みんなが遊びに来てくれる場所にできたらいいなあ。
そして、遊びながら、食べていく事って、実はこんな事なんだ、自然と生きるってこんな事なんだって、
うんちく並べるだけではなく、野菜が育っていく過程を直に見ながら感じていく事が一番の食育だと、わたしは思うのです。
そのためにも”自然農”はわたしの中では一番の課題かな。

夢は大きいです。
まずはコツコツと、みなが集まれる場所作りをしていきたいと思います。
がんばります!

 

記事担当byりん

ようこそJoiへ!

Joiメンバーはただいまいろんな事に挑戦中!

ブログでわくわくを発信していきます!

 

カウンター