2011年

2月

09日

スッキリ!

昨日、師匠をお迎えして、作業会を行いました。

 

小田原郊外の広大なお山にお住まいのH氏は、「百の姓と書いて百姓」をまさしく地で行かれる。

何でも知ってる、何でもできちゃう、それはそれは素晴らしい方。

そして、農のことも畑のことも木のことも「???」だらけのウルトラ初心者の「HELP!」の声に応えて、懇切丁寧に教えを授けて下さる、それはそれは慈愛に溢れたお方なのです(涙)

 

 

まずはメンテナンス教室から。

農具を如何に長持ちさせるかは、手入れ如何、ということで。

農園隊長も、神妙な面持ちで勉強中。

 

 

メンテナンスも終了!

切れ味の良くなったチェーンソーを操り、ばりばりと切りまくる隊長の勇姿をご覧下さいませ!

 

農園には、40本ほどのみかんの木がありました。

その中には、病氣になってしまっているらしく、葉っぱが黄色くなって皮が剥けてしまっていた木もあり。

切るのも可哀想だなあ…と躊躇していましたが…

「その木があることで、後ろの元気な木の生長が妨げられてしまっている」とのお師匠のお言葉を受け、思い切って伐採することにしました。

全体の本数を減らして、その分残ってくれている子たちに手をかけてあげたほうがいいですよね!

 

みかん園入り口近辺。

ずいぶんスッキリしちゃいましたー。

…って、「before」図が無いとわからないですよね、ゴメンナサイ。

いつも、終わってから「ああっ、before→after って掲載して、こんなに変わったんですよ~って記録に残しておけばよかった~」と思うんですよね(鳥頭 涙)

 

まだまだ当分かかるかな、と思っていた剪定作業も、お師匠のおかげでほぼ終了!

後は、残っている枯れ枝をできるだけ落として仕上げかな?

お師匠さま、本当にありがとうございました。

こんな風に協力してくださる方々がいてくださることに、感謝感謝です。

 

 

 by ひろひろ

3 コメント

2011年

1月

29日

2011年前半の農園計画(予定)

先日、農園隊長とJoi農園での作業を今後どのように進めていくか、計画を立てました。

こちらに覚書しておきます。

 

2月:みかんの木の剪定(半ばごろまでに)

   ジャガイモ植えつけ

 

2月後半~:みかん畑に花壇を作成、上の畑に植えてあるイチゴなどを移植

 

3月~4月:みかん園の下草用クローバー種まき

      大豆種まき

      トマト・バジル ポットに種まき → 畑に植え替え

      ハーブ類 ポットに種まき → 段々畑に植え替え

 

5月:みかんの花摘み

   ひまわりの種まき

 

6月:ジャガイモ収穫

 

6月後半~適宜:みかんの摘果

 

前半は、こんな感じかな?

先日の作業会で自然農経験者の方に見ていただいたところ、Joi農園の畑の土は、あまり栄養状態が

よろしくないそうなんです・・・。

「雑草があんまり生えてこないな~」と思っていたら、それは「雑草も生えない貧栄養」なんだそうで(涙)

今年の目標は「雑草が生える畑にする」ことからです(爆)

いい土の畑には、いい雑草が生えるのだそう、ハコベとか。

それを目指してがんばります。

 

まずは、土壌改良効果のある、お芋に南京、お豆さんを植えてみたいと思います。

後は、昨年大豊作だったトマト!今年は巨大化してもいいように、ちゃんと柵を作ってあげないと。

 

月1回ペースくらいで、協力者の方を募って作業会を定例化したいとも考えています。

そのうち、こちらのブログでも募集の告知ができたらいいなー♪

 

やりたいこといろいろ!

ちょこっとずつでも、現実にしていきましょ。

 

 by ひろひろ

 

 

 

 

 

 

      

      

5 コメント

2011年

1月

24日

週末作業&交流会

農園隊長りんです。

 

先週末、土曜日は農園に強力な助っ人をお呼びし、作業会となりました。

うれしい事に知識のある方に来ていただき、野菜指導、みかん指導をしていただき、

みかんの剪定作業を行いました。

 

やはり大勢でやると作業効率が格段にアップします。

普段一人でもくもくと作業している事が多いわたしですが

人の協力がなんてありがたい事か!!と毎度作業会にボランティアで来て下さる皆様に頭が下がる思いです。

 

そして日曜日は根府川のみかん園に援農に行ってきました。

収穫のお手伝いをしてきました。

写真で見てわかるとおり、目の前が広大な海!

太陽光が海に反射して真冬だというのに暑い事暑い事!

この照り返しの太陽光をサンサンとあびる事で、みかんはむちゃくちゃおいしくなるのです。

海辺にみかん園が多いのは、こういう理由なのですね。

 

栽培方法などお聞きしながら、勉強させていただきました。

皆さん三者三様

それぞれに栽培方法が全く違う事に驚きます。

さて、どれが自分の農園に合った方法なのか?という事は、Joi農園のみかんの木に聞きながら、慎重にやっていかなければいけないな、という事をひしひしと感じました。

 

わたしは自然農法、無肥料無農薬で育てる事を基本としていますが

慣行農法のよさ、

有機農法のよさも

きちんと理解はしています。

いろんな方のお話を伺ってみる事で分かってくることもありました。

 

その中で自分らしい方法論は、

やはり自然農法なのだろうな、という事もあらためて感じている事です。

 

さまざまな考え方の中から、

さまざまな方法論が生れていいのかもしれない。

 

そう感じました。

そして、いろんな方と交流を持つことが大事だな、と改めて感じました。

貴重なご意見を頂けて、考える機会を与えていただています。

 

まだスタートしたばかりのJoi農園ですが、焦らずじっくり、向き合っていきたいです。

0 コメント

2011年

1月

20日

本日の農園

春はすぐそこまで

畑の植物たちがそう言っているみたいです。

畑仕事をしている間は体もぽかぽか

暖かい空気があふれています。

3 コメント

2010年

11月

13日

チェンソー講習会

本日は大人4名+子供1名で農園作業を行いました。

前日にユンボで、切り倒した木の根っこの掘り起し作業、伐採した木を穴に埋める作業などをお隣さんがご厚意でやってくださり、予定していた今日の作業はすでに済んでいた、というなんともありがたい状態でした。感謝です。

 

というわけで、いちご、きぬさやを植え、その後にチェンソー講習を行い、今日の作業はお昼で終了となりました。

 

そうなんです、とうとうJoi農園にもチェンソーがやってきました!

共立チェンソーCSE2701T

というものを購入いたしましたが、正直チェンソーはメンバー全員が初心者。

偶然にも畑のすぐそばに農機具屋さんがあり、そこで指導をお願いしましたら、なんと畑まで出向いて下さり、メンバー1人1人に使い方を教えて下さいました。

「何かあれば、いつでも相談に来て下さい。」となんともうれしい言葉を言っていただきました。

 

ネットで色々と調べてみたときに、チェンソーは故障が多いものでもあるので、ホームセンターでは買わずに、農機具屋で購入して、きちんとアフターケアをしてもらいましょう。

と書かれていました。

きちんと使えば10年は使える物との事。大切に使っていきたいです。

 

まず思った事は!

小さい!軽い!手軽!

木を切るにも力はいらない。軽くチェンソーを当てるだけでがんがん切れる!

す、すごい~。

 

だけど、危ない道具ですから、気をつけないといけないですよね。

アクセルのふかし具合がまだのみこめてないかな。

使っていくうちに覚えたいです。

 

メンテナンスの仕方。

燃料の配合の仕方。

一通りすべて教えていただきましたので、あとはやりながら覚えていくしかないですね。

 

すべては初めての事ばかり。

みかんの事も勉強中。

色々と学ぶことは多いです。

毎日が勉強です。がんばりまっす!

 

 

p.s.

友人に、チェンソー買ったって話をしたら...

「ますます男が寄り付かなくなるよ....。」って.....。(汗汗汗汗)

とほほ....

 

byりん

2 コメント

2010年

11月

07日

畑仕事

ここのところ頻繁に畑に行っています。

秋植えの野菜たちを急ぎ、植えるため

そして野菜だけでなく、さまざまな花も植えています。

色気より食い気な私(笑)ですが、来て楽しい、見て楽しい、食べて楽しい、そんな場所づくりを目指すには、やはりお花もにぎやかさを与えてくれるかしら....と。

来年の春が楽しみです。

今植えている花々がきっときれいに咲きほこる事と思います。

 

そして、さまざまな種が採れました。

 

大豆、へちま、ひまわり、朝顔

とてもたくさんの種です。

来年はひまわり畑を作って、みんなをお招きしたいな~。

 

たった二つぶ蒔いたひまわりの種が花を咲かせ、種を作り、次へと命をつないでくれました。

それもかなりの量の種。

 

生命ってすごい、とほんとに思います。

 

そして来月からはみかんの収穫がはじまります。

その段取りもスタッフで相談しながら、色々と進めているところです。

 

はやく皆様を農園にお招きできるように、

がんばってます。

 

byりん

0 コメント

2010年

10月

28日

みかんのシーズン目前です

Joi農園のみかんが色づいてきました。

この時期、湯河原の山々がみかんの鮮やかなオレンジに染まります。

緑とオレンジと青い空のコントラストがとても美しい

収穫時期は12月頃から

まだまだじっくり時間をかけて

甘くおいしいみかんへと育っていきます

植物と向き合う事は

トキを感じる事でもあります

ゆっくりと、じっくりと、時間をかけて....

待つことの大切さを

このみかん達が教えてくれます

 

byりん

 

 

0 コメント

2010年

10月

23日

カモミール発芽!・・・かな?

先週の金曜日、雨が止んだので秘密基地農園へ。

カモミールの種、無事に芽が出たかどうか確認しに行って参りました。

 

写真ではとっても見づらいのですが…

真ん中にちっちゃーい双葉が出ているの、ワカリマスカ???

 

これが、もしかしたら、そう、なのでしょうか?

 

あの種の小ささから考えて、この双葉の小ささは有り得そうな感じだと思うのですが ^^;

 

まだまだ周りに生えてきた雑草の方が余程立派な状態です。

自然農では雑草を抜かない方法もあるそうですが、雑草に負けないくらい大きくなってくるまでは、まずはせっせと雑草を抜くことがわたしのお役目かな!?

 

とりあえず、今後の経過を見守ります。

 

by ひろひろ

0 コメント

2010年

10月

13日

コンポストトイレ

Joi農園には水道、トイレ、電気はありません。

ここを使って多くの人がかかわれる場所づくりをしていく中で、このような要素はあるに越したことはない。

 

それらをいかに自然にそって、お金をかけないで設置していかれるか

そのプロセスを学んでいくこともまた農園を運営していくなかで大きな意味を持っているのではないか、と思っています。

 

んで、バイオトイレについていろいろ調べていました。

実は湯河原町の山の公園にはバイオトイレが設置されています。

以前、見に行った事がありました.....最悪でした。

利用者が多いのでしょうか。

とにかくドアを開けたらものすごいアンモニア臭

とても中に入れない。

お金をかけて設置したのでしょうが....これじゃだめだろう。

 

んで、調べてみても、金出せば設置はできるんだろうけどなあ~

的なところで行き詰っていましたら

なんと友人のブログでたまたまコンポストトイレを作るワークショップの話題が!

 

千葉にある

あわ地球村

 

おお~なんだろう、この求めていると情報は不思議とやってくる、という不思議な感覚。

最近とみに多いのです。こういう事が。

 

学ぼうと思えばいくらでもその流れがやってくるって事なのかしら?

 

まだすぐに実現する事ではないかもしれないですが

頭の中で常に模索する事で、道は自然と開かれる、とそんな事を強く感じています。

 

記事担当byりん

0 コメント

2010年

10月

12日

大工仕事

Joi農園では金魚を飼ってます。水道がないので、水を確保するためです。金魚はボウフラを食べてくれるので水の見張り番というわけです。

いらなくなった風呂釜をいなけん氏のご友人が提供してくださいました。

そして、小屋の雨どいパイプをこの風呂釜まで引いてくる工事もいなけん氏のこれまた別のご友人がやってくださいました。

コンクリートブロッグを寄付して下さった方、荷物を運ぶための一輪車を寄付して下さった方。野菜の苗、種を寄付して下さった方、そしてなにより、重労働を快く引き受けて手伝って下さる方々、多くの方のご協力でJoi農園は運営されています。ほんとうに感謝するばかり....。

今日は、秋休み中で家でだらだらしていた息子を引き連れて農園にやってきました。

金魚の溜め池にゴミが入らないように、という事で、網カバーを取り付ける事になりました。

木材は無料でゲットしました。

あまり多くの方には教えたくないのですが、山の上のごみ処理場にいくと、いらなくなった木材をタダでゆずってくれます。

2×4材のかなり良質な木材を沢山いただいてきました。

何度となく足を運んで、そのうち広々デッキをタダで作れないかな~とたくらんでいるところ。

 

その場でちゃちゃっと、息子と相談しながら形を決めていきます。

「お母さん、かなりいい加減すぎるよ。」

と息子に叱られながら(笑)

とりあえず適当に完成(汗)

「美しくないなあ~。」と息子にダメだしされつつも

「いいの!とりあえず役にたてばいいの!」と苦しく言い訳。

ま、とりあえずひとつまた仕事が終わりました。

 

あとは少しずつ、頂いた材料でベンチなど作ってみたいと思います。

今度はもう少し美しく仕上げますとも(笑)

 

記事担当byりん

0 コメント

2010年

10月

11日

農園に新たな助っ人登場

先日の土曜日、怪しい地下室にて、Joiメンバー他、多数の参加者で秘密会議が行われました。その時にお声をおかけした方々が、本日Joi農園へ農作業のお手伝いにいらしてくださいました。

総勢8名。

いや~人数が多いとほんとに作業が進みます。

伐採した枝を隅にまとめ、今にも枯れそうなみかんの木は思いきって切ってしまった方がいいとの助言をいただき、一気に伐採。

ここへ来た当初は草ぼうぼう、土地の全体像が全く分からない、という状況だったのですが、本日はじめて全貌があきらかになりました!

いやあ~思った以上に広い土地に一同びっくり。

 

そして毎度お手伝いに来て下さるH氏がまたもや耕耘機を持ってきてくださり、開墾作業も一気にすすみました。今日開墾したスペースは畑ではなく、ローマンカモミール芝生になる予定。

ローマンカモミールは芝生の様に地面を這うように伸びていくそうです。

りっぱいに育ったら、ここでみんなでごろごろ~と転がる予定(笑)

そう、ここ秘密基地Joi農園は、野菜だけでなく、楽しむ事はなんでも取り入れちゃう!

見ても楽しい!食べても楽しい!なんでもありありスペースにしていきます!

 

いや~ほんとに一日張り切って労働してくたくたになりましたが

ほん~~~~~とにワクワクした一日でした。

お手伝い下さった皆様、そしてJoiメンバーのみんな!お疲れ様でした!

 

記事担当

byりん

 

以下、本日の記録として残しておきます。

 

先日植えた小カブの新芽はすべて虫に食べられてしまいました。

新たにそのスペースにパセリの種をまきました。

 

小ねぎの新芽は順調に生えてきています。

にんにくの芽も出てきました。

プチトマト、試食したらとてもフルーティーで甘い。上出来です。

来年はもっと大量に植えよう。

 

ローマンカモミールは山側畝、3列分に種をまく。後日追加で全体に蒔く予定。

 

えだまめは本日ゆでて食べる予定でしたが、労働疲れでお湯を沸かす気力なく

そのまま大豆になるまで育て、来年の種として利用することになりました。

早めに収穫し、束ねて少し乾燥させるといいと、H氏に助言をいただきました。

 

下のお茶の木

伸びすぎた枝を今月末ぐらい(急に暑い日がこないぐらいの時期)に切り落とすように、と助言をいただきました。これまたH氏の指導。ほんとに色々教えていただき、感謝するばかり。

0 コメント

2010年

10月

02日

本日の畑

本日のJoi畑

だいぶ草刈も進み、かなりきれいになりました。

きれいになっていく様子を見ていくのはとても楽しいものです。

今日はメンバーのいなけんさんも手伝いに来てくれて、なんだか色々と、話し込みました。

面白かったです。

今後のJoiの活動の事とか、人生観とか、そんな事話しました。

 

そもそもJoiって何?

って感じですよね。

 

ここの畑で、単に野菜育てるだけでなく、なんか面白い事ができないか、そんな事を考えています。

人生って面白いもので、人ってとっても不思議なんですよね。

わたしの中にはがむしゃらに何かに突っ走っていかなければならない、という強い思いがあるのですが、このJoi畑は、そんな思いを受け止めてくれる場所なのかもしれません。

 

畑に植えてある沢山のハーブ

ハーブを使っていろんな事ができないかと考えています。

 

単に野菜だけじゃなくて

 

みかんがあったり、ハーブがあったり、お花があったり

ブランコやハンモックがあったり、遊べるスペースがあったり

 

さまざまな可能性を見いだせる場所にしたい。

いろんなイベント企画して、ここを利用していろんなアーティストの方々が来てくれたりしたらいいなあ~。

 

夢は広がります。

もちろんその分の努力もおしみません。

まずは魅力のある場所にしていきたい。

何ができるかはそれからそれから....。

 

まずはいろんな人に来てもらえたらとってもうれしいなあ。

 

記事担当byりん

0 コメント

2010年

9月

28日

気長に取り組む大切さ

只今育ててる大豆(枝豆)

来月のイベントでみんなで食べる予定です。

それなりに実はついたものの、あまり出来はよくない。

 

なぜなんだろうなあ~と、色々調べてみたところ

 

参考文献をみつけました。

 

Joi農園は10年近く放置された農地です。

放任畑の場合、土の中に野菜にあった微生物もいないため、初年度は2割程度の収穫量しか望めない、との事。

年を重ねるごとにどんどん収穫量は増え、8年ほどすぎたあたりから,慣行農法とかわらないだけの収穫量を確保できるようになると。

 

そおか、そういうものなのか、とちょっとほっとしたりもして。。。

長い目で見ないといけないのかな。

そう考えると、これだけ実が付けば上出来なのかもしれない。

土地が野菜にあった状態になるまでにはやっぱり時間がかかるって事なんですね。

 

そしてなにより自然農では自家採種が重要だとか。

学ぶことは多いなあ~。

 

やはり文献ではなく、実際に自然農の畑を見て学びたい、

という思いは強い。

今後の課題かな。

 

記事担当byりん

 

0 コメント

2010年

9月

25日

今日のJoi秘密基地農園

ようやく猛暑も終わり、やっと農作業が楽しい季節になりました。

今日も畑に行ってきました。

みかんはすっかりおっきく立派になってます。

ほんとはもっともっと摘果しないといけないのですが、なんせ、やりきれません...。(汗)

 

ここの農園では自然農を目指しているのですが、自然農の基本は肥料をあげない

という事なのですが、なんせはじめてなもので正直とまどうばかりです。

試行錯誤しながら、2年、3年と失敗を重ねないと、見えてこないのでしょうね~。

って、わかってはいるものの....。

やっぱり難しいです。

 

日々勉強です。

 

記事担当byりん

 

0 コメント

2010年

9月

12日

畑に行ってきました。
大豆(枝豆)が見事に育っています。
そして、秋野菜の種をたくさん植えました。

自然の力ってすごい!とほんとに思う。
ぜんぜんホッタラカシ農法なJoi農園ですが、植物たちはすくすく育っています。
わたしもこれだけ生き生きと生きたいな~

え?十分ずうずうしく生きてるって?

確かに!(><)


お手伝いに来て下さった方々に感謝!
Joi農園は皆様に支えられてなりたってます。


みんなが気楽に集まれる、、そんな場所にしていきたいです。

 

記事担当byりん

0 コメント

2010年

8月

20日

植物に学ぶ

JOi農園の大豆畑です。
順調に育っていますよ〜。とってもうれしいです。
この大豆畑は7月に種を撒き、一ヶ月ぐらい経ちました。
不思議な事に、雑草があまり生えてきません。

ここの土地は10年間、放置されていた土地だそうです。
10年の間に、植物達が根をはり、微生物が土を作り、最高の状態にしてくれている結果かもしれない。
そんな事をふと思ったのです。

わたしがやりたい農法は、自然農法というもの。
自然の力を最大限にいかして、野菜を育てていこう...というものなのですが、正直まったくわかりません。
どうやったらいいのか。
あたり前です。はじめてですから(笑)

自然農法っていうのは、ようするに土や草や虫達に、
どうしたらいいの?何をしてほしい?
そんな事を聞きながら、自然と共同作業で野菜を作っていくってことなのかな〜って思いってます。
一番の目標は傲慢にならない、自然を操ろうと思わない、そういう事かもしれません。

 

難しいですね。

 

記事担当byりん

0 コメント

2010年

7月

15日

はたけ

大豆の種を撒きました。
大豆を育てるのははじめてです。
沢山収穫できたら、手作り味噌を作りたいなあ〜。できるかしら?

 

記事担当byりん

0 コメント

2010年

7月

11日

森のブランコ

今日は1日JOi秘密基地で農作業
そしてなんと!ブランコが完成!

上見るとね〜
ほら〜丁度この辺
空まで抜けてるんだよ〜。

娘の説明、よく分りませんでしたが、
どれどれ〜ってブランコから空を見上げると、杉の枝が螺旋階段の様に四方にのびていて、その先に空がのびている。なんとも言えず不思議な光景。

ああ〜きれいだね〜。

なんだかうれしい1日でした!

0 コメント

2010年

6月

13日

賑やかに農作業

今日はJoi農園に5名が集まりました!
とりあえずハーブ畑を作ろう!とまずは土地を耕す。
そして草に埋もれたミカンの木をまた1本救出。
今日は息子も手伝いに来てくれて、草刈り機を使わせてみた。
まだ体が小さいので苦戦していたようですが、なんとか扱えていたようだ。
今から色んな経験積んで、なんでもできるかっこいい男になれよ〜!と、母は期待してま〜す!

人が多いと作業もはかどる!
農作業って大変だけど、こうして仲間集めてわいわいがやがやしゃべりながらやっていると、なんだか楽しいのですよね〜。
興味のある方はぜひ、一緒に農作業しませんか〜?


さて、わたしはこのJOi秘密基地農地で何をやりたいか、というと
ただ単に野菜育てて収穫して食べて終わり....にしたいわけではないのです。
ここを拠点として、皆が集まれる場所にしたい、というのが一番の希望。

農作業を通して、
例えば育てた野菜を収穫してその場でバーベキューパーティー開いたり
アロマセラピストがメンバーにいるので、みかんの花の蒸留体験、そして化粧水を作ってみる過程をみんなで体験したり、ハーブもいっぱい植えて、蒸留してみたら、いろんな効果の化粧水が作れるそうです。
大豆を育てて、それで味噌や豆腐や、もしかして納豆なんかも、作ってみる事を体験してみたり
多くの人がこんな体験面白そうだな〜って畑に遊びに来てくれて、普通では出来ない事を経験してくれたらいいなあ〜ってそんな事を思っています。

今日メンバーから出た話で
畑の傾斜が丁度心地いいので、子供達集めて、
ただただ坂道をみんなでごろごろ〜ごろごろ〜って転がって遊ぶのもいいよね〜
とか、
ただただ雨のしずくが落ちる音を聞くコンサートなんてのもいいなあ〜。
たとえばね、葉っぱに落ちるしずくの音、空き缶並べてみて、そこに落ちるしずくの音の音色を楽しむとか。

それから、最近、農セラピーなんて言葉も生まれたそうです。
農作業を通して、心の傷みを癒していくという事も、相乗効果としてあるのかもしれません。
とにかく、農作業して、いっぱい汗かくと、体の中の毒素が一気に抜けた様な感じがするんですよ。
そして仲間と1つの目標に向って汗を流す事で不思議と喜びがわいてくるんですよね。

そんなふうに、子供とか、大人とか関係なく、みんなが遊びに来てくれる場所にできたらいいなあ。
そして、遊びながら、食べていく事って、実はこんな事なんだ、自然と生きるってこんな事なんだって、
うんちく並べるだけではなく、野菜が育っていく過程を直に見ながら感じていく事が一番の食育だと、わたしは思うのです。
そのためにも”自然農”はわたしの中では一番の課題かな。

夢は大きいです。
まずはコツコツと、みなが集まれる場所作りをしていきたいと思います。
がんばります!

 

記事担当byりん

0 コメント

2010年

6月

03日

今日も畑作業
今日は草におおわれ死にかけているみかんの木の救出をしました。
ツルに完全におおわれてた枝は、ちょっとよりかかったらボキッっと折れてしまった!
だけどかろうじて太陽に当たっていた枝からは新芽が出て来ていて、
そして
花が咲いていた!
命ってすごいなあ。
この木、よみがえるだろうか?
よみがえったら、むちゃうれしいだろうなあ。

命なんだよね、これもみな命なんです。

 

記事担当byりん

0 コメント

2010年

5月

27日

JOi秘密基地農園始動開始!

※この記事は2010年5月27日に書かれました。

 

 

火曜日、お借りする事が決まった農地の地主さんのところへ、仲間と共に挨拶に行きました。
そしていよいよ夢へ向けての第一歩がはじまりました。

たまたま出会って、突然集結した仲間で、会を立ち上げる事となった。
会の名前はJOi(ジョイ)
お借りした農地はJOiの秘密基地として、集合場所として、ワクワクを発信していく拠点として位置していく予定。
秘密基地だけど、全然秘密じゃないよ〜!秘密基地って言うとなんだかワクワクするからね。(笑)
色んなイベント企画できたらいいなあ〜なんて思っています。
ホームページを立ち上げようという話も出ています。
JOi(ジョイ)はエンジョイ!ワクワクを発信するチーム!
人生楽しくおかしく、ワクワクをお伝えできるといいなあ〜。

今日は午後、草刈りに行ってきました。
道沿いにはミカン畑
ここに出入りしている方が何人かいるらしく、その方が除草剤を撒いてくれたそうで、下草は枯れていました。

みかんの木は2〜3年放置していたらしく、枯れかかっている木もあります。
自然農をやりたい、という私達にとっては、この現状はかえって好都合でした。
農薬の影響が抜けるのが3年と言われていますので、これから土を作っていってあげれば、ミカンの木も元気をとりもどすかも...。
肥料をあげないと虫はつかない、といいますが、ここのみかんの木は虫が少ないです。
やっぱり!という感じ

敷地に入り、丘をぐんぐん登っていくと、奥に10年放置された土地が広がっていました。
奥にはミカンの木が8本ぐらい?
草におおわれ、無惨な状態。生き返るだろうか?
10年放置されていたので、土はふかふか。自然のままだ。
50センチ以上ある枝をためしにさしてみたら、ずぼずぼ入っていく!すごい!
自然の力ってほんとにすごいんですよ。

ここをまずは草刈りしてハーブ園、野菜園を作りたい。
これから開墾作業。出来る限り通いたい
3年ぶりに草刈り機をにぎる。
わたし、女ですが、草刈り機だろうがチェンソーだろうが、のこぎりだろうがどんとこいです。
男に産まれたかったぐらいです。(笑)

思わぬプレゼント
ビワの木が2本に、栗の木が2本、草むらの中から出てきました!
鳥か?それともおさるさんが、どこぞの畑から取って来た実から自然に芽が出たのかしら?という感じです。
うれしいプレゼントだわ。

自然農をやりたい....とは言っても、結局は人間が手をかける以上は自然に反する事をするわけで...。
どこまで手を出し、どこまで自然の力にお願いするのか?それはまだ自分の中ではよく分らない。
だけど、草刈りしながらも

ごめんなさい、刈った草もきちんと土作りに役立てさせていただきます。
土地の神様、土地を不本意にいじる事をどうかお許し下さいね.....と。
草一つ一つに敬意を払い、刈りすすめていく

大分広々と全体像が見えて来た。
残念ながらぽつぽつ雨が降って来たので早々に切り上げ。
また明日も続きをやりに行きます。

変わっていく農園の様子を、これからお伝えしていこうと思います。
農園と一緒に、わたしも成長しますように〜!

 

 

 

記事担当byりん

0 コメント

ようこそJoiへ!

Joiメンバーはただいまいろんな事に挑戦中!

ブログでわくわくを発信していきます!

 

カウンター